n-stitch
        
   

News
Works
Diary
Mobile Dairy
Profile
Link
Contact
 

Text Size : A A A
Img_89fe5f04aadec08613d0207932da7ece
パーツの中には植物の実も....
このRed-Bagは、
新宿伊勢丹に一緒に出品しているBlue-Bag同様、
私にとっても特別なBagです。
パーツとして使用している
ビンテージやアンティークのパーツは
巡り巡って私の手元にやってきたものです。
それらのものが職人の手によって制作されてから
私の手元までやってきた遠い道のりと時間は
はっきりとしたことは私にはわからないけれど、
その過程を空想をすることは
とても刺激的で楽しくもあります。
それぞれ違うそれらの物語を集めて、
ひとつの新しい物語がBagに宿ることを祈って
制作しています。
Img_c0ef39ee8a7d0f3ba9026eb7ef613728
穴あきベルト式の肩紐のものもあります。
Img_bba8f5934b268f6348f8ca28fdd53b4c
ファスナーの部屋は柔らかいネイビーの馬革です。
Img_e4b4348b910a029d9b2aa0960efd1474
肩紐が穴ナシのバックルの方のファスナーのかざり。
Go to the Market!
n-stitchの素材を求めて
あちこちのお店や蚤の市であれこれ探す時には、
お金や携帯の出し入れが簡単でないと...
あ!そうだ!
ポシェットにお財布を合体させよう!
電車に乗る時のICカードも入れて
かばんでピッ!もできたら楽チンだ(^^)
.....ということで生まれたこのbag。
使いやすさは立証済みです。
iPhone 6 PlusもOK!のサイズ。
三層構造の真ん中はファスナー付きなので
そこがお財布代わり。
蚤の市や市場、戦場と化すバーゲン会場へ...
両手をあけていざ出陣!
ってなんかアヤシイ通販のセリフみたいに
なりましたが(笑)私のお気に入りなので、
つい力が入ってしまったようです。
Bagは2つあって、ストラップが異なります。
穴の空いたベルト式と、 
調整が簡単な穴ナシバックル式。
ファスナーの金具につけたタッセルも
それぞれ違います。
Img_aee1d10f61f759b7c9710ff4d01202c3
ネイビーのアンティーク仕上げのお花の型押し。
Img_1f80b1a4620d797765450d6c81766c27
モッチモチ革です。
ブルーのステッチのもっちもっち持ち手。
握り感がとってもGood!
Img_f6ce66496c3589b09dc5385ae74eb656
グレーのようなカーキのような....毛付きの革。
もっちもちもち手の
使いやすいサイズのバッグです。
端っこ好きだから、作ってても楽しいです。
Img_1b3e48ddd28a84fa4c26ed848895d1ff
あふれ出てきたものをカタチに
ARTな作品を1点.....というお題で
制作した作品が出来上がりました。

とうとう搬入日になりました。
どうぞよろしくお願いします。

Img_79dec34509bf6b011ec4234f4b78f76f
まだ現役でバリバリ使ってもらっているそう。
2004年に制作したデニムの"n-stripe Bag"。
もう10年も前なんだ!と思うとビックリ。
育てる素材としては最高のデニム。
このデニムはKAPITALのもので
児島で仕入れたものです。
ペイントはとても楽しい作業で、
久しぶりにまた復活させようかと考えています。
Img_cfa35b3879d8de882e226e281d40b419
素敵に撮っていただいて感激
娘の成人の記念の写真を le bonheur の小山田さんに
撮っていただきました。
ヘアメイクは久保木さんにお願いして....
もう、私にとっては最強のお二人。
撮影当日は夢の中のような贅沢な時間を過ごさせていただきました。
その写真が今朝、立派なアルバムになって私達の元に届きました。
素敵に撮っていただき、自然な二十歳の娘の姿が
アルバムの中に綴じられて、感謝感激もうウルウルです。
本当に嬉しくて。
大切にさせていただきます。

画像は娘のために今回作ったBagです。
とっても素敵に撮って頂きました。
Img_aa6141e566ec1b6d167da15e914596b1
けっこう、使いやすいのです。
『革双葉豆赤ポチBag 2004』
デニムやその他の素材でBagを作り始めたのは2000年頃。
その後、素材の中に革も!と思っていると
偶然、革鞄の基礎を学び始めることができました。
その直後、オーダーを頂いて作らせていただたのが、このBag。
師匠にミシンでの制作を教えて頂いた直後。
アチコチで教えて頂いた基本に忠実に制作。
今とちょっと違ってステッチはミシンでした。
(だけど、やっぱり手縫いが!と下の白ステッチ)
実は2つ同時に作り、一つはn-stitch参考資料として
ずっと大事に眠らせていたこのBag。
新年早々『なんかカバンないー?』の娘に使ってもらうことにしました。
中を覗くと、携帯入れポケットは思いっきり幅広縦長仕様。
『スマホ仕様じゃないな...このポケット....今じゃナイなー』
確かに!ププ。Bagの内ポケットで、
時代の流れと技術の進歩を感じる年明けでした。
Img_0ec5c8975704877ca5dfa01b646677db
モコモコの中にキラキラの思い出
実は先月、ハタチになった娘。
今日は成人の晴れ着姿を苦楽園の”le bonheur"で撮っていただきました。

『お母さんが作られたバッグを持たれて撮影を..』
と思いもよらなかった素晴しいご提案を頂き...
ドキドキしながらバッグと髪飾りを作りました。
『20歳まで育ててもらってアリガトウ』と娘がプレゼントしてくれた
45RPMのレースの服とニットを着て、2人でウレシハズカシアリガトウな
大変思い出に残る今回の撮影。
solusさんに繋いでいただいたご縁のおかげで、
私達親子に素敵なバッグの提案と、最高のお時間を与えてくださった、
小山田さんと久保木さん、皆様に感謝でいっぱいです。

優しい皆様に囲まれて、娘と私のシアワセな1日でした。